極度の乾燥肌とアトピー肌はぼろぼろに…。

昔からアトピーがひどかった私は小さい頃の写真を見ると傷だらけの体でいつも赤くなっていました。小さい頃は母親が保湿クリームを塗ったりで対処してくれていましたが、それでも保湿クリームを塗った後のべたつきが嫌いで、とても嫌がっていたことを覚えています。

そんな私も年頃になってくると、周りは綺麗な肌の子たちばかりなのにと周りを気にするようになりました。気が付いたころには自分で肌を綺麗にしたいと思うようになり、雑誌などを使ってたくさん調べました。しかし雑誌などに載っている方法もその人に合う合わないがあることに気づき、最終的にクレンジングが大事なんだということに気づきました。

化粧をすると毛穴が詰まるなどと言われますが、化粧をすることがもともと大好きだった私はどうしても化粧がしたかったため、きれいに洗い流すことができればいいんじゃないかというように思うようになりました。

クレンジングを見直し、スキンケアの重点をクレンジングに置くようになってからは、化粧水や保湿クリームを使用しても、ぐんぐん浸透していく感じがして、今まで悩んでいた乾燥肌などがすっかり気にならなくなり、今ではファンデーションを使わなくてもいい肌になることができました。アトピーで悩んでいた私も肌に自信が持てるようになり、肌綺麗ねと言われることも増えました。

このことがきっかけでスキンケアの中でもクレンジングの大事さに気づくことができました。

私の妹は酷いアトピーで手やお尻の皮膚にひび割れが起こり、痒みも酷く寝ている間に掻きむしるので常に肌荒れの状態でした。

思春期辺りからアトピーは改善したものの、顔のニキビに悩まされるようになりました。大学生になるとそれも落ち着きどうにか人並みのお化粧ライフを送れるようになったのですが、どうも敏感肌のようです。保湿美容液などどんなに高評価のものでも合わなければ皮膚が真っ赤に腫れ上がります。

お化粧品の金額は関係ないようで、高級なものでも合わなければなりますし、お安いものでも同じです。

現在も試行錯誤はしていますが、鉄板の基礎化粧品は押さえてあります。今のところ、明色の「奥さまシリーズ」は化粧水、乳液、拭き取り化粧水ともに大丈夫なので愛用しています。そんな私が数年前に花粉症になりました。目の痒み、鼻水、くしゃみ、首に湿疹、手にも湿疹とどうしようもない症状が出てきます。

マスクの影響もあり口の周りはガサガサに荒れ、唇は皮がめくれ、目の周りも酷い状態です。

お化粧は出来ませんが、日焼け止めだけは塗っています。そして普通に洗顔すると肌荒れが酷くなるので乳液で洗顔しています。

クレンジングのように乳液を顔にたっぷり伸ばして肌に馴染ませます。

顔の皮脂と混ざった感覚を感じたら、拭き取り化粧水を含ませたコットンで優しく拭き取ります。

その後は化粧水、乳液と通常のお手入れをしています。この方法だと肌荒れが酷くなりません。自分の肌に合うリーズナブルな乳液を用意しておくと洗顔にも使えますよ。軽いメイクなら落ちると思います。
ルミナスブロック飲む日焼け止めの口コミは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です